ウエイトトレーニング ストレッチ ダイエット運動 マッサージ 代謝アップ 有酸素運動 脂肪燃焼

ダイエットのウエイトトレーニング、毎日?それとも週2?どっちが良いの?

2017/02/28

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 653

代謝を上げるために筋肉を増やす事って大切。だから、しっかりと痩せたい人は本とか、ウェブサイトで紹介されているストイックなウエイトトレーニングに走りがちですね。

でも、ちょっと待って!ダイエットにとってベストなウエイトトレーニングってあると思うんです。ここではAmiが考えるダイエットのウエイトトレーニングについてお話ししますね。

旦那くん、どこかで調べてきたのか、ウエイトトレーニングのことでAmiに詰め寄ってきた。

旦那くん
Ami、大変だ!本にウエイトトレーニングは、ダンベルが上がらなくなるまでやること!それを週2回やること!それがベストな方法って書いてあったよ!Amiが僕に指導した内容と違うよ!

Ami
そうだね。旦那くんにはキツくない程度に毎日ウエイトトレーニングをするように言ったよね。

旦那くん
うん。でもそれって間違ってるんじゃない?

Ami
ううん、ムッキムキのボディビルダーになりたいなら、キツイのを週2回。そうじゃないならキツくないのを毎日って感じだよ!

ムッキムキ向きウエイトトレーニングの方法

ダイエット本にはウエイトトレーニングが一番重要って書いてあるものが多いんです。そんな本に書いてあるベストなウエイトトレーニング方法をまとめてみると・・・

ダンベルを持ち上がらなくなるまでやる

ウエイトトレーニングは、筋肉に負荷をかけて一度筋繊維に傷を付けます。そうすると筋肉は傷がついた所を修復しようとするんですが、その時に筋肉は元よりも太くなるんですね。ウエイトトレーニングはこの筋肉の修復力を利用したもの。

だから、効率よく筋肉を増やすんだったら、筋肉には無理をしてもらわないといけない。そんな理由から、ダンベルは持ち上がらなくなるまでやることって言ってるんですね。

腹筋

旦那くん「頑張って痩せてラーメン二郎、イッパイ食べるゾ~!」

頻度は週2回

効率よく筋肉を増やすのなら、取り組む回数は週2回。多くても3回くらいです。これはウエイトトレーニングによって傷ついた筋繊維が回復するまでに要する時間です。回復しないうちにまたキツいウエイトトレーニングをしたら、筋肉を痛めるだけですよね。

だから、効率よく筋肉を増やすんだったら、頻度は週2回くらい、適度な間隔(2〜3日くらいかな)をあけて行いましょうってこと。

ポッコリお腹

2016/4/2。お腹は見事なポッコリお腹だったのが・・・

Amiが考えるウエイトトレーニング方法

Amiも、ダイエットのことを真剣に勉強して知識を吸収し始めた頃は、ウエイトトレーニングはダンベルが持ち上がらなくなるまでやってました。そうすると数ヶ月で腕とか、肩とか何かムキムキになってきたなっていうのを感じるように・・・夏にTシャツを着てると何だか、ちょっとイカツイ体つきになってきちゃった・・・

でも、ん?ちょっと待って。ムキムキな体って一部の人にはウケるかもしれないけれど、別にAmiはボディビルダーになりたいワケじゃないぞって思ったんです。それで、ちょっと気になってキツいウエイトトレーニングを週2回って提唱している人がどんな人か調べてみました。

やっぱり・・・。

ほとんどの人がボディビルダーでした。それもナントカ大会優勝!とかスゴい経歴を持ってる人ばかり。ボディビルダーって体をイビツになるまで筋肉で固めてますから、太るワケないですよね。だって、デブのボディビルダーなんているワケないもん。

ボディビルダーは筋肉をつけるのが専門で、その副産物として体から脂肪を排除してます。そんな経験をダイエット方法の伝授に応用してるってこと。だから、筋肉ムキムキの人が提唱するダイエット方法ってどうしてもハードなウエイトトレーニングになってしまうんですね。

繰り返しになりますけど、Amiは別にムキムキの体になりたいワケじゃないし・・・。そこでAmiはウエイトトレーニングを自分に合う方法に変えることにしました。

スポンサーリンク
腹筋

旦那くん、頑張って腹筋を鍛えて・・・

キツくなったらやめよう

まず、試してみたのがダンベルを持ち上がらなくなるまでやるのではなくて、ちょっとキツくなったらその日はおしまいって程度にすること。これにはいろいろな理由があります。イビツな筋肉をつけたいワケじゃないので、筋繊維をコテンパンに傷付ける必要がなかったから。

それに、筋繊維が傷付くと日常の生活に支障が出ちゃうんです。主婦のAmiは毎日家事に育児に頑張ってるんですから。腕とか足が筋肉痛になったら、自転車で買い物に行くのも、掃除機を持って二階に上がるのもタイヘン!もっと重要だったのが、キツいウエイトトレーニングって普通の人には続かないんです。

筋繊維を壊すまでやるっていうのはボディビルの大会で優勝する目的を持っている人には耐えられることかもしれない。でも、Amiは主婦だし、旦那くんは普通のサラリーマン。別にボディビルの大会に出たいって目標は持っていません。

一度、テレビでボディビルの大会を見たことがあります。観客のかけ声、すごいんですよ。

「バリバリっ〜!」「キレてるっ〜!」

ってかけ声を送ってます。これ、出場選手の筋肉がスゴいって意味らしい・・・。Amiは「バリバリっ〜!」とか「キレてるっ〜!」ってかけ声はしてほしくないなぁ・・・。

2016/9/17

2016/9/17。腹筋鍛えて、ダイエットサプリ飲んで、ポッコリお腹はキッチリ解消出来たね、旦那くん!

毎日ウエイトトレーニングをやろう!

Amiが取り組んだウエイトトレーニングは筋繊維をコテンパンに傷めないから、インターバルを入れる必要がありませんでした。毎日続けても筋肉に大きな負荷はかけません。キツクない程度のウエイトトレーニングはどれくらいの頻度でやるのが効果的かな?と思っていろいろと試してみたんです。

すると、毎日取り組むくらいが適度に筋肉が引き締まってちょうど良かった。30歳を過ぎてダイエットをすると、筋肉が極端に減ってくる。でも、Amiにとっては、ウエイトトレーニングをしてイビツな体になりたい訳じゃなくて現状をキープ出来るか、ちょっとだけ筋力を上げる程度で構わない

そんな目標では、キツくない程度のウエイトトレーニングは毎日やるくらいがベストでした。それにすごく参考になったのはジャニーズのアイドル。彼は腹筋は毎日やるって言ってました。そんな彼も決してムキムキな体ではなくて、適度に(カッコイイ)筋肉のつき方をしてたんです。

納豆を食べる旦那くん

納豆食べてウエイトトレーニングすると効果アリ by 旦那くん

ながらウエイトトレーニング

ウエイトトレーニングをするときには何かをしながらやってます。

簡単な話、専業主婦だって忙しい。旦那くんもサラリーマンだから、ウエイトトレーニングをする時間だって限られます。テレビを見ながら、アイロンがけをしながら・・・そんな感じでやると毎日だって続けられちゃうんですね。こんな感じでAmiは自分にあったウエイトトレーニングに取り組んできました。

この方法は旦那くんにも合うんじゃないかと思って、彼にも取り組んでもらったんですね。この方法だったらストレスも溜まらない。ストレスが溜まるとなんだって続かないから良いことはありません。この効果も大きかったかな。

鉄アレイ

旦那くんが使ってる鉄アレイ。1コ3㎏のもの

まとめ

確かに筋肉を鍛えると代謝が上がるので痩せやすい体になります。痩せることだけを目的にするのであれば、ムキムキな体にすれば効率よく痩せるんでしょうね。でも、Amiも旦那くんも別にボディビルダーになりたい訳じゃない。痩せて人生を楽しく過ごしたい、ってことが目標。

その目標ではムキムキになる必要はないんです。いや、むしろムキムキにはなりたくない。筋肉は適度でイイ。だから、Amiが旦那くんに教えたウエイトトレーニングは現状の筋肉をキープするか、ちょっとだけ増やす程度を目標としたもの。多分、30代以降のダイエットに頑張る人も、別にムキムキになりたい訳じゃないと思う。

だから、Amiがウエイトトレーニングで学んだこととか、経験したことをこの記事でまとめてみました。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

-ウエイトトレーニング, ストレッチ, ダイエット運動, マッサージ, 代謝アップ, 有酸素運動, 脂肪燃焼
-,