ダイエット方法 ダイエット食事

カロリーだけじゃない!ハンバーガーがダイエットによくないもう一つの理由

2017/10/07

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 653

ハンバーガーって美味しいケド、カロリーが高いから・・・。

こんな理由でハンバーガーを食べない人って多いですよね。だって、ハンバーガーって平均で400キロカロリーくらいあるんですから。

でも、ダイエットに良くない理由はカロリーが高いってことだけじゃないんです。是非、ダイエッターの皆さんには知っておいていただきたい、ハンバーガーを食べると太りやすくなる理由について書いてみました。

是非、参考にしてみて下さいね!

ハンバーガーを食べる旦那くん

異常にデカイ!こんなハンバーガー、旦那くんはペロリと食べちゃう!

ハンバーガーがダイエットに良くないワケ

なんで、こんな記事を書こうを思ったのか。

ある日のこと、旦那くんとその日に昼食で食べたものについて話をしてました。なんでも外回りの時、会社の人と一緒にファーストフードのハンバーガーを食べたそう。

旦那くん
でも、食べたのは一番シンプルなハンバーガーだよ。カロリーも200kcalくらいだったから、ダイエットには大丈夫!

Ami
ウン、カロリーはそれほど高くはないよね。でも、問題はそれだけじゃないんだよ・・・。

旦那くん
えっ?何か他に問題あるの?

Ami
ハンバーガーに含まれるものが良くないんだ・・・

会社の人と一緒にお昼ごはんをファーストフードで食べたので、それはそれで仕方のないこと。

旦那くん、立派だったのはダイエットのために一番カロリーが低いハンバーガーを選んだようです。この姿勢はダイエッターとしてとても重要。

カロリーは高いと体重の増減に直結します。だから、ダイエッターはカロリーのことをすごく気にするもの。

だけど、ダイエッターとしてハンバーガーの問題点はカロリーだけじゃないってことも教えておいたほうが良さそうです。

食べ物って中に含まれてる成分が原因で太りやすい体になっちゃうってことがあるんです。

ハンバーガー

持ち上がらないほど、圧倒的なボリューム。これ、カロリーもそうだけど食品添加物はどれくらい入ってるんだろう・・・

ハンバーガーに含まれる食品添加物

ほとんどのハンバーガーに含まれる食品添加物

それが今日の主題。最近では、健康志向から素材にこだわったハンバーガー店が海外から進出してきていますね。でも、そういうハンバーガー店ってすごく高い。

旦那くんのお昼ごはんの予算じゃ食べられないくらい。

ラーメンを食べる旦那くん

旦那くん「あ、ラーメンならどんなに高くても食べますよ、念のため。」

一方、旦那くんのお小遣いの範囲で食べられる大手チェーンのハンバーガーって食品添加物が入っていないのってほとんどないと思う。

食品添加物って、食べ物を作る時に使う、保存料、調味料、着色料なんかのこと。

加工食品をスーパーで買ってくると原材料名の所に書いてありますよね。

何が食品添加物に当たるの?って疑問が湧きます。分かりやすく言うと、自宅にストックしていないような名前のものはほとんどが食品添加物。

例えば、発色剤、保存料、甘味料・・・。

甘味料ってのも食品添加物なんです。

カロリーオフのドリンクってダイエットに良いと思って飲んでる人が多いと思います。でも、甘味料って食品添加物が入ってるので結局のところダイエットには良くないって言えちゃう。

ちょっと注意が必要ですよね。

残念ながら、大手ハンバーガーチェーン店では、食品添加物について公表しているところはほとんどないですね。

食品添加物自体、入ってちゃいけないものではないので当然といえば当然ですけど。ハンバーガーチェーン店のサイトでは含まれる栄養素とか、食品管理についての情報は載ってますけど、食品添加物についてはまず、見当たらない。

これが、Amiにとっては不安を感じる原因の一つ。

スポンサーリンク
ハンバーガー

一応、旦那くん、ハンバーガーを食べるときにはポテトとかは食べないとのこと。その点は合格!

食品添加物が良くない理由

ここからが本題。なんで食品添加物がダイエットに良くないんでしょう。食品添加物が体に悪いっていう理由はいろいろ言われてます。

ビタミンとミネラル

理由は、食品添加物って消化する時に、ビタミンとかミネラルをより多く必要としちゃうってこと。

代謝を上げるためには酵素をたっぷりと摂る必要があります。

だから、代謝が下がり始めた30代以降の人は酵素を野菜とか食べて摂ると良いんですね。でも、酵素ってそれだけじゃ十分じゃない。

酵素がしっかりと働くためにはビタミンとミネラルが必要なんです。ビタミンは具体的に言うとビタミンB類。

痩せるために必要なビタミンやミネラルが食品添加物のせいで無駄に使われちゃってる・・・。

こんな事実から、食品添加物がたくさん入ってるハンバーガーはダイエットにとって良くないってAmiは感じてます。

こういう意味から言うと、ダイエットに良くないのは何もハンバーガーだけじゃなくて、サイドメニューなんかも良くないって言えます。

最近では、ヘルシー志向に応えるために野菜がふんだんに使われたメニューも登場してます。

でも、Amiに言わせたら、そんなのまやかし。

野菜をたっぷり食べればビタミン、ミネラル、そして酵素だって摂れちゃうのでダイエットに良いね、って思っちゃう人も多いですよね。

でも、食品添加物が入っていれば、ビタミン、ミネラル、酵素を摂っても意味がない。

納豆を食べる旦那くん

旦那くんは普段、納豆食べて酵素を摂ってダイエット頑張ってます。でもハンバーガーばかり食べたらビタミンとミネラルが無駄になっちゃうよ。

食品添加物の依存性

食品添加物には依存性があるっていいます。

普段からたくさん摂りすぎると、食品添加物が入った食べ物を摂らないといられなくなっちゃうってことがあるらしい。

例えば、カロリーゼロのドリンクに入ってる人工甘味料。カロリーが少ないのでいつもコレを飲んでるダイエッターも多いですよね。

でも、人工甘味料って依存性が高いらしい。

飲むのが癖になったり、やめられなくなってしまったり。人工甘味料を普段から体に摂ってると、これまたビタミンとかミネラルをたくさん消化に使っちゃうからダイエットに良くないってことになります。

痩せようと思ってカロリーゼロのドリンクを飲んでいたのに・・・。結果は痩せにくい体になっていたってことなんです。これは十分に気をつけないといけませんね。

旦那くん、曰くハンバーガーも無性に食べたくなる時があるらしい。

まあ、それが食品添加物の依存性によるものって一概にも言えませんけどね。でも、食品添加物には依存性があるってことをきちんと理解していることが大切。

そういう知識さえ持っていれば、ハンバーガーを食べる時にも十分注意が働きます。

ゼロカロリードリンク

旦那くん、すでにカロリーゼロのドリンクは飲まないみたい。

まとめ

ハンバーガーはカロリーが高いから控えたい。

この判断は正解ですね。じゃあ、カロリーが低いハンバーガーなら食べても大丈夫?いいえ、この判断は誤り。ハンバーガーに入ってる食品添加物。

これがダイエットにとっても良くない。

食品添加物はビタミン、ミネラルを消化するときにたくさん使っちゃうんです。

ビタミン、ミネラルは酵素を助ける大切な栄養素。

だから無駄に使っちゃうとダイエットには良くないことになっちゃうんですね。カロリーが高いってことだけに注目しているとダイエットにも健康にも良くないっていうこの事実。

ダイエットって単に痩せるだけじゃないと思うんです。

その本当の目的は健康になること。健康にさえなれば、自ずと人間の体って痩せるものです。だって、健康になるためには正しい食事をしないとダメですし、適度な運動だって必要ですよね。

そんな生活をしていると、気がついたら痩せちゃってるものです。

健康的に痩せたい人は注意して下さいね。

ハンバーガーを食べる旦那くん

〇ブにはハンバーガーって良く似合うね・・・。旦那くん、ハンバーガーはカロリーだけが問題じゃないからね!

-ダイエット方法, ダイエット食事
-, ,