ダイエット日記 ホットヨガ

自宅近くでホットヨガのチラシを配ってたよ

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 440

自宅近くの駅でホットヨガのチラシを配ってた。行ってみたいな、一度。

自宅近くの駅でホットヨガのチラシを配ってた。

最近、ホットヨガって流行ってるよね。なにやらホットヨガスタジオがない駅ってないんじゃね?っていうくらいお店が次々と誕生してる気がする。

是非是非、アタシもホットヨガに行ってみたい。お金に余裕があれば。

でも、ああいうプロモーション方法をしてるくらいだもん、ホットヨガって安くならないよね・・・。チト、アタシがホットヨガに通えるようになる日は来ないかもと思ったんだ。

diet

ホットヨガの効果

ヨガは基本的に有酸素運動。

だから、体に溜まってる脂肪なんかを燃焼してくれるんだ。そこに体を温めることでいろんなシナジー効果が起こってくるの。

例えばフツーより高い室温で行うホットヨガにはストレッチ効果も期待出来るから血行も良くなる。

体を温めれば基礎代謝も上がるよ。

なんでも体温が1度上がると基礎代謝は15%も上がっちゃうって言うしね。基礎代謝はアタシたちの体が行うエネルギーの消費活動のこと。

だから基礎代謝が活発になるとエネルギーの消費量が増えて太りにくい体になれちゃうんだ。

ホットヨガのダイエット効果について、詳しいことはこちらをどうぞ。

→ 参考 ホットヨガのダイエット効果!【10キロ痩せた?!】頻度は?自宅で出来る?

 

yoga

ホットヨガのチラシを配ってたよ

それにしても。

今日、アタシが言いたいのはホットヨガのダイエット効果というよりも、そのチラシ配り効果についてである。

アタシんちの最寄りの駅から出た時、ホットヨガスタジオのチラシを多分スタッフさん(?)が配ってた。

そのお店ってオープンしてからしばらく時間が経つ。

少し新規のお客さんが伸びないのかな?ここの所毎日、スタッフさん達が頑張ってチラシを配ってたよ。

その日はお昼前に電車に乗るために駅に向かったの。その時に配ってた人、夕方にも配ってたよ。ほぼほぼ1日駅前に立ってるんだ。

仕事とは言え大変なことだ。さぞかしダイエット効果があるに違いない。

その人はきっとホットヨガなんていらないだろうね(^_^;)

チラシは駅から出て来る人全員に配ってた。もちろんアタシにもチラシを渡してくれる。有難い。まだ世間的にはオンナとして見えるらしい・・・(ーー;)

そんな安堵も束の間。

チラシをどんな人に配ってるのかチト良く見てみたの。

JKらしき女子にも配ってたよ。ホントに行くのか?JKが。そんなお金、多分JKには無理だと思うんだが・・・。

お次はメタボ気味のお父さんにも配ってた。確かにダイエット効果って言う意味では世のお父さん諸氏はそのお腹を凹ませるのにホットヨガって効果あるかも。

でもね、ホットヨガにお父さん?これもチト違う気がする。こういう事を言うと炎上するかもしれんが、ホットヨガに浮き輪腹のお父さんが来るようになると女子のお客さんが減っちゃうかも。

そしたら次はおじいちゃんにもチラシ、渡してた。う〜ん、完全にそのチラシ配りには戦略も何もないな。数打ちゃ当たるだろうというヤツだ。

スポンサーリンク

diet

チラチって効率悪いんじゃね?

チラシってお店にお客さんを呼び込むには基本的な営業ツールだ。

だからお店の最寄りの駅でチラシを配ると言うのはそれなりに効果があるというもの。新しく開店したお店だったらまず、その存在自体を知ってもらわないとイケナイ。

どんなに良いお店でも、みんなに知ってもらわないと意味がないもんね。

お店があると言うことを知ってもらっていたとしても、それだけじゃお客さんは来ない。そのお店に来てくれたらどんなメリットがあるのか、きちんと訴える必要があるの。

だから、駅前でチラシを配るのってある意味手っ取り早いんだ。

スーパーとか飲食店だったらその客層ってハンパなく広い。アタシのような主婦はもちろん、JKだって行くしお父さん、おじいちゃんだってフツーに行く。

でもホットヨガってみんな行かないじゃない?

ある程度行く人って限られるよ。なのに駅を通る人通る人、全員にチラシを配るってハンパなく効率の悪さを感じるの。

でも、一方でダイエットが必要そうなデ○の人ばっかりにチラシを配ってたらそれはそれでハレーションが起きそうだ。駅前で炎上しちゃったら目も当てられないよね。

それにお店に来てくれそうな人だけにチラシを配っても、そこにかかる人件費は変わんないもんね。

あ、あの人お店に来てくれそう!チラシ配って来るわ!

ってな感じでお店を飛び出してチラシ配って、んですぐにお店に戻って元の仕事・・・なんていうのも実際的じゃないし。

だから、朝から晩まで駅の前に立って来る人来る人全部にチラシ配っちゃえってことになるんだ。

果たして何人の人がそれで来るんだろう?

それでも儲かってるんだろうな

そんな前時代的な営業をしていてもホットヨガって儲かってるんだろうな。きっと。

だって、そのお店ってばまだ潰れてないもんね。

1日駅前にチラシを配るための人件費って一体、いくらかかってるんだろう?受け取ってもすぐに捨てられるチラシのデザイン料、そして印刷費って一体いくらかかってるんだろう?

でもね、ダイジョウブなの。そんなお金ももちろん織り込み済みなんだから。

ホットヨガの費用にしっかりとチラシのお金って入ってるんだ。だから、お店が潰れないための工夫(?)はきちんとされてるの。

でも、どうなんだろう?

ネット上ではユーザーの住んでいる地域、興味があることの情報を集めてその人に向けたピッタリの広告を発信出来る仕組みなんて、とうの昔に出来てるのに。

アタシが住んでいる地域で、そしてダイエットに興味がある人の情報なんてGoogle先生には筒抜けなんだ。

その情報をチトばかし使わせてもらえば効率の良い広告なんて簡単に発信出来ちゃう時代。そうすれば人件費をかけて1日スタッフを駅前に立たせる必要なんてないし。

アタシも比べてみたことはないから無責任なことって言えないけれど、チラシとネット上のセグメントされた広告ってどちらが費用対効果は良いのかな?

ネット上の広告の方が良いのであれば、そっちにしてくれた方がホットヨガの費用だってもう少し下がるかもしれない。

全国展開するほどの規模のホットヨガだったらそのくらいの営業戦略は立てられそうなもんだ。

そう思うとイマドキ、チラシを駅前で配ってるような全国展開のお店にはアタシは行く気がしないんだが・・・・。

アディオ〜ス

アディオ〜ス

-ダイエット日記, ホットヨガ
-,