ダイエット方法 リバウンド

リバウンドの原因と対策!ダイエットを失敗しないために

2017/10/05

この記事の所要時間: 812

旦那くん、2016年4月2日からダイエットを始めて約半年が経ちました。

67kgあった体重も順調に減って今では57kg台。よく頑張ったね。これからはスリムな体をキープしていこう

でも、ここで十分に注意しなければいけないのがリバウンドだね。

ダイエットをしていたら誰もが経験をするリバウンド。それまで一生懸命痩せることに頑張っていたのに体重が元に戻ってしまうなんて・・・。

戻るどころか、今まで以上に太ってしまう人だっています。リバンドしないでダイエットを成功させるには?!ここではリバウンドの原因と対策についてお話しします。

20160929

2016/4/2から始めた旦那くんのダイエット。半年経つけどリバウンドしないでよく頑張ったね!

リバウンドって?

リバウンドってダイエットをしていると必ず耳にする言葉。そしてダイエッターなら誰もが経験をすること。

リバウンドって果たしてなんのことを言ってるんでしょ?

 リバウンドの意味

リバウンドとは文字通り、頑張って体重を落としたのに元の体重以上に戻ってしまうことを言います。

残念ながら、ダイエットをしていた人のほとんどが経験するハードルなんです。

ダイエットを成功させるためには、リバウンドはなぜ起こるのかということをきちんと理解することが必要ですね。

リバウンドの原因

リバウンドの原因はいくつかあります。きちんとリバウンドの原因を理解すれば対策も立てやすくなります。

でも、ダイエットをしている大抵の人がリバウンドの原因をきちんと理解していない・・・。

だからリバウンドをしてしまって、ダイエットに失敗した!もうダメだ・・・ってなっちゃうんですね。

そんなこと、全然ないんですよ。

リバウンドの理由と対策さえ理解していれば怖がることなんでないんです。

 ストレス

ところで、みなさん、張り切ってダイエットを始めたもののツラい思いをしてしまっていませんか?

人間って無理は長く続かないもの。ツラいダイエットをしすぎるとストレスが溜まりますよね。

実はストレスってダイエットの大敵

体に良くないストレスが溜まり続けると脳から分泌されるドーパミンという物質。このドーパミンはこれ以上体に無理をさせないようにストレスを発散するように仕向けるんです。

ストレスを発散させるためには何が効果的でしょう?

それはストレスの発散とは、人間が持つ欲求を満たすことなんですね。

ストレス太りの原因に

欲求にはいろんなタイプのものがあります。

わかりやすいのが食欲

そう、食欲を満たしてストレスを発散させようとするんです。ここで欲求のままに食欲を満たして太ってしまうのがいわゆる”ストレス太り”ですね。

Ami
旦那くん、ストレスはダイエットの大敵なんだよ!

旦那くん
そうか、だからラーメン二郎も月イチなら食べてもいいだね♡

Ami
本当はラーメン二郎は避けた方が良いんだけれど・・・。トータル的にラーメン二郎を月イチで食べてストレスが溜まらないならそれでもOK

旦那くん
月4回くらい食べた方がストレスは溜まらなんだけどな・・・

リバウンドしないために

リバウンドをしないためには、無理のないダイエットをすることが大切

無理を続ければ体のどこかで必ず歪みが生じます。それにストイックすぎるダイエットは長く続きません。

 ダイエットは長期戦!

そして、ダイエットは長期戦。

痩せること自体も大切ですけど、痩せた状態をキープすることもダイエットには同じくらい大切です。

これを理解するのとしないのとではダイエット成功に大きな影響をもたらします。

スリムになってステキな人生を送るのであればダイエットに終わりはありません。そう、ダイエットはライフワークでもあるんです。

長く続けるコツは決して無理をしないこと。

少し、ダイエットがきついなって感じたら、立ち止まって深呼吸してみて下さいね。

運動量が多いようだったら、少し減らしてみては。たまに美味しいものを食べちゃうことだってアリですよ。

美味しいもの食べてストレスを発散できれば、その後、またダイエットに頑張れますよね。

冗談のようですけど、旦那くんはラーメン大好き。特にラーメン二郎がね。以前までは月4回くらいは食べてたかな。でもそれじゃあ痩せませんよね。

ストイックに痩せよう!って目標を立てるんであれば、ラーメン二郎食べちゃダメ!ってなるんですけど・・・。

でも、そんなことをしたら旦那くんはものスゴいストレスを溜めるに決まってる。だから、月イチくらいは行ってもいいよってルールにしてるんです。

ラーメン二郎

月イチのラーメン二郎。一人で行けば良いのに、とうとう息子くんもジロリアンになってしまった・・・

 目標設定の間違い

そもそも、ダイエットの目標設定が間違っていることが多いんです。

ダイエットに頑張る人の多くが目標として掲げる「体重◯◯キログラム減!」これはこれでわかりやすいんですが、必ずはまってしまう落とし穴が。

スポンサーリンク

真面目にダイエットに取り組んでいると、無茶な目標数値でない限りはある程度の体重減は達成できます。

そして頑張った結果として目標の数値に達成できると、この上ないウレシさがありますよね。落とし穴はここにあります。目標の数値に達すると、ここで燃え尽きちゃうんです。

いわゆる燃え尽き症候群。

それまで取り組んでいたダイエットがストイックであればあるほど燃え尽きちゃう可能性が高くなります。

 目標のあり方

だから、ダイエットの目標には「体重◯◯キログラム減」はキケン。目標は具体的な体重の数値を設定するのではなく、痩せた先のことを見て決めて下さい。

いくつになってもお肌ツヤツヤの元気でキレイな女性でいたい!

こういう目標は数値を掲げていませんので、ある意味ダイエットの終わりがないんです。

そして痩せた先に「自分のありたい姿」を具体的にすることでモチベーションの維持にもつながります。

Amiはいつか海辺で楽しくキレイに暮らしたいというのが目標。

海でウォーキングしたり、STAND UP PADDLE BOARDなんかしたいな。

そんな時、キレイじゃないと絵にならないですよね。だからキレイに、健康的に痩せられるように頑張っているんです。

ボディボード

家族3人でボディボードを楽しんだ大磯海岸。実は夫婦そろって元サーファー。息子くんに波の乗り方教えてます♡

旦那くんはいつまでもカッコよくいたいってことが目標のとのこと。

おじいちゃんになってもバイクが似合う男でいたいって。太っていたらバイクは似合わないもんね。

ダイエットをするときはちょっと見方を変えて痩せて自分がどうなりたいんだ、ということを再確認してみると良いですよ。

gpz900r

旦那くんはおじいちゃんになってもバイクに乗っていたいんだって。バイクが似合うおじいちゃんになるようにダイエット頑張ろうね!

ダイエットの停滞期

ダイエットには停滞期があります。

ダイエットを始めて痩せ始めたのに、ある時から全く体重が減らなくなってしまうことってありませんか?

それがダイエットの停滞期です。

 現状維持機能・ホメオスタシスって?

体には現状を維持して健康でいようとする現状維持機能があります。それをホメオスタシスとも言います。現状維持機能は残念ながらダイエットにも働いてしまいます。

体重が減り始めると現状維持機能が「病気かな?」と思ってしまいこれ以上体重が減らないように頑張ってしまうんですね。

そんな時は運動を頑張っても、脂肪は以前と同じくらいの燃焼をしてくれません。

また、食事制限をしている人は、それまでと同じくらい食事の量を減らしているのに体重が落ちていかないんですね。

→ 参考 ダイエットの停滞期っていつから?脱出の鍵は炭水化物のドカ食い?

ストレスの原因に!

こういう状態では無理に運動量を増やしたり食事量を減らしてもかえってマイナスになったりもします。

そんな状態が続くと心が折れてしまうことも。

 ストレスだって溜まってきますよね。

多くの人はこのつまづきが原因でダイエットを辞めてしまうことに。ストレスのあまりドカ食いをしてリバウンドをしてしまうんですね。

停滞期は平常心で

停滞期に入ってしまったら、平常心を保つことが必要

 じっと我慢ガマン。それがポイント

いつか停滞期を脱する時期が来るということを信じて今までと同じダイエットをキープし続けて下さい。

ダイエットに停滞期があることを知っているのと知らないのとでは大きな違いが。

停滞期のことをきちんと理解していないと、一生懸命ダイエットに頑張ってるのに痩せなくなっちゃったって落ち込んでしまうこともあります。

 最悪、ダイエットが嫌になって止めてしまうことも。

そんな時、停滞期のことをちゃんと理解していれば、焦ることはありませんよね。

20161004の体重

今日(2016/10/04)の旦那くんの体重。最近、なかなか体重が減らなくなってきたね。でも焦る必要はないよ!ダイエットは1日単位での体重の増減は全く気にする必要なし!

まとめ

ダイエットの大敵はストレス。ストレスが溜まると脳はドーパミンという物質を出して人間の欲求を満たそうをします。

その欲求が食欲だったりするとリバウンドの原因になっちゃいます。

ストレスとは上手に付き合うのがダイエットのコツ。たまに息抜きをしましょう。

ダイエットは、痩せることだけを目標とするのではなく、痩せた先にある自分の姿を目標にすれば、自然とそれはモチベーション維持にも繋がります。

停滞期に入ってしまったら慌てず焦らず、じっくりと。

それまでのダイエットのペースはキープしつつ、停滞期のトンネルを抜け出す日が来るのをじっと待ちましょう。

今まで自分が取り組んできたダイエットメニューを見直す良い機会かもしれませんね。

どうやら、リバウンドをしないためには焦らず、ゆっくりとダイエットをしていくのが良さそうですね。

あ、旦那くん、ラーメン二郎の月4はダメだからね

-ダイエット方法, リバウンド
-, , , , ,