ダイエットサプリ

ダイエットサプリ、ソレ飲んでも大丈夫?注意点をまとたみたゾ。

2017/02/11

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 20 分です。

最近ではたくさん巷に出回ってるダイエットサプリ。どのダイエットサプリも価格は手頃だし、ダイエットに頑張る人だったら一度は試したことがあるはず。

そんな手軽なダイエットサプリ。注意した方が良いことってあるんでしょか?ってご質問をいただくことも増えてきたね。

この間なんか、ダイエットサプリ買ったら思っていた以上にお金がかかっちゃってちょっと困っちゃった・・・ていうご相談(ある意味グチ?)もいただいたり。

今日はダイエットサプリの注意点についてAmiが感じたことをお話ししたいと思います。

旦那くん
ダイエットサプリって言っても口にするものだから注意した方がいいこともあるよね。

Ami
そうなんだよ!痩せるってキャッチフレーズだけに気を取られちゃダメなこともあるんだよ!

   

2016年4月2日の旦那くん

2016年4月2日の旦那くん。この日からダイエットが始まりました。ダイエットサプリを飲み始めたのもこの頃。

   

2017年2月8日の旦那くん

2017年2月8日。Amiのダイエット指導とダイエットサプリでこんな感じに。体重は-10㎏を達成!

ダイエットサプリの注意点

どのダイエットサプリにしようかなって迷う時、みんながまず一番にチェックするのは「本当に痩せるの?」ってこと。

せっかく試すんだから、効果があるものを選びたいですよね。

でも、逆に数日で5kg痩せた!とかスゴい結果を出しているダイエットサプリって飲んでも大丈夫なのって疑いたくなるのも事実。

ダイエットサプリって薬じゃなくて食品の部類に入ります。医薬品の場合は厚生労働省が認可を出して販売されているのである程度は安心できちゃいますよね。

でも食品であるダイエットサプリは審査もそれほど厳しくない。「機能性表示食品」というルールに沿っていれば特に問題はないんですけどね・・・。

薬もダイエットサプリも口に入れるもの。だからこそ飲んでみたら体の調子が悪くなった!なんていうことは避けたいですよね。

旦那くん
たまにネットのニュースでヘンなの飲んだら体がおかしくなったってニュースがあるよね・・・

ダイエットサプリを飲んだら肝機能がおかしくなったという話しもあるくらい。

だから、ダイエットサプリを試してみようかなという人向けに、ダイエットサプリの注意すべき点についてまとめてみました。

ダイエットサプリを飲みはじめたころの旦那くん

2016年4月の頃。ダイエットサプリを飲みはじめた頃はまだ、こんな感じだった。

 製造物責任法って何?

のっけから難しい話。Amiも難しい話は苦手なのだけれど・・・。これ、知っておくとダイエットサプリに関してだけじゃなくて、人生の中で便利なことだと思う。

だから、チト頑張って読んでみてね。

旦那くん
難しい話はニガテだけど・・・。痩せるために頑張って最後まで読んでみますッ!

日本には製造物責任法という法律があります。その法律は一般消費者を守ってくれていルもの。

例えば、ある買い物をしたらその商品のせいでケガをしたという場合。一般的にはその商品のメーカーが勝ってくれた人に対してケガの治療費用を支払わなくてはいけない。

まあ、売った商品でお客さんにケガをさせたのだから当然って言えば当然だけど。

そういうことを決めているのが製造物責任法っていう法律。

この法律で決めてるのはケガだけじゃない。買った商品が原因で自分が持ってる家財道具なんかが壊れちゃったなんてケースも当てはまります。

例えば洗濯機を使ってたら火が出て洗濯物も燃えちゃった。あの服気に入っていたんだけどなぁ・・・なんて場合もね。

ダイエットサプリを飲んだら、その成分のせいでアレルギーが起こって体調が悪くなったなんていう場合も当てはまりるよ。

だから、製造物責任法のおかげで一般消費者である私たちはメーカーとか販売会社にケガをして賠償をしてもらえることになってるんですね。

3か月後の旦那くんはこんな感じ

3か月後にはこんな感じに。上の写真と比べてケッコウ痩せたでしょ?あ、でもダイエットサプリだけで痩せた訳じゃないですよ。

 損害賠償を受けられないケースも

一方でこんなケースがあったりする。

ある買い物をしたらそのせいでお腹の調子が悪くなった。

製造物責任法に当てはまって、本当ならメーカーに賠償してもらえるのに・・・。ところがなぜかメーガーが十分な賠償をしてくれない・・・。

 体調がおかしくなったのがスゴい人数だったら?

そんな場合は、メーカーが体調を崩してしまった人に払わないといけないお金(治療費とか、慰謝料とか)がかなりの金額になっちゃう。

ダイエットサプリのメーカーや販売会社が損害保険に入っていれば問題はあまりないかもしれません。

保険に入っていなかったとしてもその会社の財務状況が良ければ、自分の会社で持ってるお金で賠償をしてもらえますよね。

 でも、ダイエットサプリを販売した会社が十分な保険に入っていなかったとしたら?

 その会社の資産が、被害者を救済するための資金に到底足りないものだとしたら?

ダイエットサプリを飲んで体に異常が出てしまって、最悪の場合には後遺障害が残るような事態になったら治療に要するお金だって、それなりの金額になっちゃう。

旦那くん
ダイエットサプリを買う時って痩せる?ってことだけが気になってたけれど・・・。こんな問題もあったんだね。

ここで大切なポイント。

そんなシチュエーションになってしまった場合、ダイエットサプリのメーカーとか販売会社がきちんと対応をしてくれるのかっていうこと。

この点についてはスゴく判断が難しい。だって、直接ダイエットサプリのメーカーに「おたくの会社大丈夫?」って聞くワケにはいかないもんね。

聞いたところで答えてくれるかどうか分からないし。

だから、ダイエットサプリを試す側としてはある程度の知識を身につけておく必要があるってAmiは思うんです。

猫ポーズのダイエットしてる旦那くんと息子くん

上の写真くらい痩せるまでに、Amiの言うこと聞いて、猫みたいなポーズとってダイエットしたり・・・

ダイエットサプリ、選ぶ時のポイント5つ

ここでは、Amiがダイエットサプリを選ぶときの基準にしている5つのことをお話ししちゃうね。

万全ではないけれども、少しは参考になるんじゃないかなって思ってます。

 有名な会社?

最初のポイント。ダイエットサプリのメーカーが有名な会社かどうかってこと。『有名」とは具体的に「大きな会社」「儲かっていて財務状況が良い会社」「歴史がある」なんてことが挙げられる。

なぜ、有名な会社が良いのかその理由はいくつかあります。

有名で儲かっている会社であればダイエットサプリが原因でたくさんの健康被害を出してしまった場合、お金をたくさん持っているので十分に損害賠償を出来る(可能性がある)。

これがそれほど大きくない、しっかりとしていない会社でしかも損害保険にも入っていなかったら?被害者は泣き寝入りをしなければなりませんよね。

有名な会社は、自社の「評判」をすごく気にするもの。

最近のSNSでの評判はすぐにネット上に流れて拡散する。SNSで流れた評判が原因で、数日のうちにその会社の株価が暴落したなんて話しだってあるくらい。

Ami
SNSで流れる評判はダイエットサプリに限ったことじゃないよ。

場合によっちゃ、大きい会社でも潰れちゃうんじゃね?なんてとこまで行くこともあるもんね。

スポンサーリンク

だから、有名な会社ほど何か問題を起こした時の対処はきちんとしてる傾向がある。

あ、でも大きくて有名な会社でも”その対応はないんじゃね?”っていうこともあるけどね。あくまでも有名な会社の方がしっかりしてる確率が高いってこと。

ガムダイエットしてみたり

息子くんと二人でガムダイエットしてみたり。

じゃあ、「有名」ってどう判断したら良いのって思いますよね。会社は小さくても有名な会社だってたくさんあるのも事実。一つの物差しは、大きなメディアで広告を出しているかどうか。

例えばTVでCMを流していたり、東京ドームとかのスタジアムに広告を出していると割としっかりとしている会社と言えるんじゃないかな。

広告を出す際、広告代理店とか、スタジアムはそのメーカーが本当に多額の広告費用を支払えるだけの財源がある会社なのか、ある程度調べる。

その時に、過去にちょっと良くない評判があったり、財務体質が良くない会社だったりすると広告を出せないこともあるよ。

それを与信っていうんですね。

Ami
難しい話をしてると知恵熱が出てくるんだよね・・・。

与信が良くない会社は大きな金額の取引(この場合であれば多額のお金が動く広告)をすることが出来ない。

だから、多くの人の目に止まるような所にたくさん広告を出している会社は比較的しっかりとしてる(お金を持ってる)会社って言えると思いますヨ。

時にはこんなにハードなトレーニングも

時にはこんなにハードなトレーニングも(?)※あ、コレ悪いトレーニングの見本ね

 ロングセラー商品

ロングセラー商品だったら、そのダイエットサプリの良い所も悪い所もネットにかなりの情報が出てる。

そこで、試そうとしているダイエットサプリの評判でチェックができますよね。

そして、そもそも評判の悪すぎるダイエットサプリだったらロングセラーにはならないもんね。そのことを考えるとロングセラー商品は高い確率で信用してもいいんじゃないかな。

 返品対応

返品に対応してくれるかどうかということ。

これも重要。

Amiの経験では、しっかりしているなと思えるメーカーとか販売会社ほど返品に応じている所が多いということ。これはユーザーとしてはスゴく安心できる。中にはどんな理由でも全額返金保証をしている会社もあるくらいです。

別の見方をすれば、返品に応じるっていうことは製品に絶対的な自信を持っているんじゃないかな。そういう会社は信用しても良いってAmiは思います。

お次に試したダイエットサプリ

お次に試したのがコレ。この頃はAmiのダイエット指導とダイエットサプリの効果が少しずつ出始めてきたね

 コールセンター

ダイエットサプリのパッケージに大きくコールセンターを表記している所はユーザーとしてかなり安心できる。

これも製品に自信がある現れなんだろうなってAmiは感じてます。Amiも今まで旦那くんが試したダイエットサプリの中で、何度かコールセンターに電話をしたことがあるよ。

その時、オペレーターの人がこちらの質問に対して適切に、そしてスピーディーに対応してくれた時は本当に安心できた。

こういう安心感ってスゴく大切。

何かトラブルがあった場合でも、消費者側に立ってきちんと社内対応をしてくれそうですよね。

中には連絡先が良く分からないってダイエットサプリもあったりする。もし、本当にトラブルがあった場合、どこに連絡をすれば良いんだろう?って不安になっちゃいます。

だからそう言った意味でもきちんとコールセンターを表記しているメーカーは信頼しても良いんじゃないかな。

ホームページ上にコールセンターの案内が出てるところはもっと安心できる。買う前から対応がしっかりしてるかどうか、ある程度確認できるからね。

カプセルが大きいダイエットサプリはチト、飲みにくかった

カプセルが大きいダイエットサプリはチト、飲みにくかった

 やっぱり国産がイイ

これはAmiの偏見かもしれません。ゴメンナサイ。けれどもAmiが大切にしていることなので敢えてここに書きました。

Ami
ゴメンナサイ。ペコリ。

やっぱり、国産メーカーのダイエットサプリの方が安心できるってこと。

海外メーカーの場合、ちょっぴり成分に何が入っているのか不安になります。表示してある成分以外にも何か入っているんじゃない?って思ってしまうんです。

ダイエットサプリを飲んで何か体に異変があった場合、その責任は製造物責任法によってメーカーや販売会社がしてくれることになります。

海外メーカーの製品の場合、被害者に対しては国内でそのダイエットサプリを販売した会社が責任を持つことになるんですね。

 

でも、その販売会社が海外メーカーの言い分を被害者に伝えるだけで、きちんとした対応をしてくれなかったら?”メーカーはこう言ってます、賠償には応じられないそうです”って言うことの一点張りで。

要は日本で私たちに海外から持ってきたヘンなダイエットサプリを売ってたクセに自分の責任は遠回しに認めてないってヤツ。法律的には日本にそんな商品を広めた自分(販売会社)がメーカーと同じくらいの責任を持たなければいけないのに。

正直、国が違うと常識や価値観って違ってきますよね。

日本のように被害者の立場に立って対応をしてくれる会社ばかりとは限らない。だから、健康被害を訴えても海外メーカーは責任を認めようとしないことは珍しくないんです。

Amiはそんなことを考えるとすごく怖くなっちゃう。

だから、5日で◯◯kg痩せた!なんていうキャッチーな海外のダイエットサプリには絶対に近づかないようにしてる。

ダイエットサプリの注意点、ママ友にも聞いてミタ

Amiのママ友に、ダイエットサプリで注意してること、困ったことなんかない?って聞いてミタ。そうしたら定期購入で困ってるってママ友がいたよ。

なんでも、(初回)無料とか500円ってネットに書いてあってすごく魅力的だったんで買ったら、実は5ヶ月分定期購入だったって後から知ったって。

そのママ友、お試しのつもりでそのダイエットサプリを買ったらしい。500円なら試して効果なくてもイイかって感じで。

でも、結局5ヶ月分買わなきゃいけないハメになって総額3万円を超えちゃった。こんなはずじゃなかった・・・。旦那になんて言おうってボヤいてた。

メーカーには定期購入だなんてネット上では分かりにくいってモンク言ったけれど、メーカーは(表記は小さいけれど)ネット上ではきちんと説明してますって猛反撃を受けたって。

ダイエットサプリって初回が安くてその後は続けて〇〇回は購入してねっていう売り方をしてる所がたくさんあります。

コレ、注意が必要。

中には定期購入が必要って分かりにくい場合もある。だからAmiのママ友はこんなことになっちゃったんだね。

Amiからのアドバイス。初回が無料とか数百円っていうのは定期購入の場合が多いから気をつけて。

Ami
Amiは少し高くてもスポット購入することが多いよ。

まとめ

いかがでしたか?

ダイエットサプリの注意点。カンタンにまとめてみたつもりだけど・・・。法律の話なんやらしすぎてAmiはチト熱が出てきたよ。

正直に言うと、試そうとしているダイエットサプリが本当に大丈夫なのか、信用できるメーカーなのか判断することは難しい事。ここでAmiがお話しした判断基準もAmiが自分の経験で得た知恵。

だから、これで大丈夫って事ではないんですね。

ダイエットサプリは私たちが実際に口に入れるものだからこそ、選ぶときには真剣になりたいもの。

くれぐれも痩せるってことだけでダイエットサプリに飛びつくんじゃなくて、安心できるメーカーだとかきちんと調べてみるとイイですよ。

ダイエットサプリと上手に付き合ってみんなで頑張って痩せちゃいましょうね〜!

頑張ってこんなに痩せました

旦那くん、何だかんだ言って、ダイエットに頑張りました。結果はこんだけ痩せちゃったよん。

-ダイエットサプリ
-