ダイエットおやつ 甘いもの

Amiがダイエットのために甘いものを止められた3つの理由

2017/10/07

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 1029

今日は、Amiがダイエットのために甘いものを食べるの、どうやって控えることが出来るようになったか、そんなお話をしますね。

このサイトの読者の方からも多い質問。

甘いもの控えるのはどうしたらイイの?ってたくさんの方からアドバイスのリクエストを頂いています。

やっぱり、ダイエット中は甘いものを控えないときちんと痩せることができません。

ダイエットを始めたばかりの人、甘いものが止められなくてダイエットがうまくいかない人、参考にしてみて下さいね〜!

ドーナツを食べる旦那くん

旦那くん、ゴメン!今日はサイトの写真のために敢えて旦那くんに甘いものを食べてもらいました・・・。これで太っちゃったらAmiの責任だね・・・(汗)

いきなりは無理だった

止めたって言ってますけど、正確には甘いものを食べるのを少なくするように出来たってことなんです。

やっぱり、今でも甘いものは大好き。どうしても食べたくなっちゃう時だってあります。だから、今でもたまには甘いものを食べちゃったりしてますよ。

でも、食べる回数は頑張ったおかげでかなり減らせるようになりましたね。

今ではだいたい、月に1〜2回くらいかな。でも、ダイエットなんて全く意識していなかった頃は、それこそ毎日のように甘いものを食べてた。特にドーナツとかケーキの類ですね。

Amiは十代の頃から波乗りをやってました。

それこそ、毎日のように海に入っていた頃もあります。1日に5〜6時間は海に入りっぱなしなので、波乗りを終えた頃は喉が海水の塩分でカラカラ。

だから、当然のように海から上がったらコンビニに直行して、炭酸飲料をガブガブ飲みながらドーナツとかケーキなんかを買って食べてました。

コンビニって当時から美味しいスイーツが充実していましたからね。

そんな生活を続けていたもんだから、当然太ります。

ウエストのくびれはどこかに落としてしまったようになってしまったし、ポッコリお腹を通り越して体全体が洋梨のような体型に。こりゃあ、イカンな、なんとかせねば。

そう思ってまず、甘いものを食べるのをやめることにしたんです。

でも、取り合えず決心はしたもののそう簡単にはいかなかった・・・。海から上がるとやっぱり喉が乾くので甘いものが食べたくなっちゃう。

今思えば、波乗りの後に甘いものを食べるのって完全に習慣になっていたんですね。

次第に甘いものを止められないので、そもそも波乗り自体しない方が良いんじゃない?なんて思うようになってしまう始末。

クリスマス向けのドーナツ

今でもこんなドーナツを見ると、思わず食べたくなっちゃいますね・・・

そんな中、じゃあ甘いものをいっぺんに止めるんじゃなくて、少しずつ止めるようにしよう!というルールにしました。

妥協かもしれないけれど、これが結果的にはかなりの効果を発揮することに。

最初は2日に1回のペースに変更。これは割とすんなり守ることが出来ました。このルールにしてから2週間くらいで問題なくペースを維持出来るようになったんですね。

次は3日に1回、そして次は週イチ・・・って感じで食べることを徐々に減らして行ったんです。

多分、このサイトを訪れてくれている方の中にも甘いものが止められなくて悩まれてる方も多いと思います。

そんな時、いきなり止めるんじゃなくて、Amiみたいに徐々に回数を減らしていくと良いですよ。それまで大好きだったものをいきなり止めるのって、痩せる効果はあったとしても一方でストレスが溜まってしまいます。

ストレスって脂肪と同じくらいダイエットには大敵な存在。

そのストレスを甘く見てると敵はいつか猛反発してくるんです。

溜まりに溜まったストレスのおかげでドカ食いに走ってしまったり、結果としてダイエット自体を続けることが出来なくなっちゃうことも。

だから、ストレスと上手に付き合っていくためには、甘いものを一気に止めるんじゃなくて少しずつ、ペースを落としていく。こんなやり方が良いんじゃないかな。

旦那くんが買ってくれたケーキ

旦那くんにケーキ食べたい!って言ったら会社帰りに買ってきてくれました。ホントはこのサイトに甘いものを止められたことを書きたいからだったんだけどね。ゴメンよ、旦那くん。このサイト見てたら許してね(見てないと思うけど)

止められたワケ1.真っ先にやめたのはドーナツ

Amiが真っ先に食べるのを止めたのはドーナツ。

スイーツと言えばドーナツとかケーキが浮かんできますよね。種類にもよりますけど、ケーキもドーナツもそれほどカロリーは変わらなかったりします。

だいたい低いもので200キロカロリー台。高いもので300キロカロリー台です。

でもドーナツでは300キロカロリー後半になるものってあまりないんです。むしろケーキは種類によって300キロカロリー後半のものがあったりする。

じゃあ、なんでドーナツを真っ先に控えたのか。

まず、ドーナツは油で揚げてるから。これはダイエットには良くないだろうと。そして値段がケーキに比べて安いので、買いやすいってことがありました。

だって、ケーキってコンビニでも一個数百円するけど、ドーナツだったら100円くらいで買えちゃいますもんね。

ドーナツはお手ごろだからついつい買っちゃう。

そしてパクパク食べちゃう。これはデブのスパイラルだ・・・。だから、お手軽だったドーナツだからこそ、Amiの中にある食べても良いリストからなるべく外すことにしたんです。

あ、これも一気には無理でした。徐々に、徐々にって感じでしたね。

でも、Amiにとってドーナツを外したのは効果的でした。最近はコンビニで売ってるドーナツってすごく充実してますよね。安いし、美味しいし。

だから、ついついコンビニに行くとレジ横のドーナツを買ってしまってる人も多いのでは?

一番お気に入りのスイーツをなるべく買わないようにするって結構、ダイエットの効果アリっていうのがAmiが経験から学んだこと。

これは甘いものを止められなくて悩んでいる人には是非、参考にして頂きたいことですね。

ドーナツを持って息子くんとツーショット!

美味しそうなドーナツを手に息子くんとパチリ。あ、旦那くん、最近は甘いもの食べるの控えてますよ。

やめられたワケ2.甘い物がどうして良くないか勉強してみた

そして、それまであれだけ大好きだったドーナツを止められたもう一つの理由がコレ。

甘いものがどうして良くないか、きちんと勉強をしてみたってこと。カロリーが高い、脂分が多い、だから脂肪が付きやすいっていうことは分かっていたんですけど、もっと調べてみようと。

そうしたら甘いものを止められるキッカケを掴めるもしてないって思ったんです。

スポンサーリンク

そうしたら、やっぱり大切な知識として得ることができました。それは砂糖依存症ってこと

砂糖には中毒性があって、甘いものを食べることに慣れちゃうとそれがない生活が送れなくなっちゃうというものです。このことを知った時、ああ、ひょっとしてAmi自身も砂糖中毒症だったんじゃないかって思ったくらいです。

特に白い砂糖、つまり精製された砂糖を摂り過ぎると砂糖中毒症になりやすいとのこと。

それに、白砂糖だけじゃなくて甘味料も砂糖中毒症の原因になり得るんだとか。

カロリーゼロのドリンクも当てはまるんです。カロリーがないんだから、ダイエットに大丈夫!と思って飲んでいるとそれは間違いってことですね。

いくらカロリーがないって言っても脳が甘い刺激を受けてしまうと、もっともっと、甘いものを欲しがるようになってしまう。

⇨参考 カロリーゼロのドリンクは太らない?!のウソホント

だから、甘いものがなぜ、ダイエットに良くないか勉強をしたことで、砂糖と人工甘味料はなるべく控えた方が良いんだなって心から思えるようになりました。

これもドーナツを控えようと思えたきっかけになったんです。

ドーナツって砂糖の塊で表面をコーティングされているものが多いですよね。中毒の原因が塗られてる!って思ったら食べるのをなるべく控えようって気持ちが自然と湧いてくるようになりました。

shokuiku1

旦那くん
ん?甘い物は砂糖中毒症になるって?ショッパイ食べ物も中毒性があるけどね?特にラーメンなんかはその極みだ。

やめられたワケ3.代わりに果物を食べるようにしてみた

これも重要でした。いきなり甘いものを止められるワケはない。

それは最初から分かっていたこと。だから、何か代わりのものはないだろうかと探したんです。

そこで見つけたのが、果物。

果物は代謝を上げる酵素がたっぷりと含まれてます。当時のAmiは30代後半に入っていましたから、代謝が下がり続けて太りやすい体質になってました。

そこで、甘いものばかり食べてたら当然、太るわな、これは。だから、代わりに果物を食べれば代謝を上げることに役立つ酵素が入ってるので、これは一石二鳥でした。

ドーナツとかケーキの甘さと果物の甘さはちょっと質が違う。

だから、ちょっと物足りない時もありました。そんな時は蜂蜜を少しかけるようにしたんです。

蜂蜜って確かにカロリーは高め。100gあたり300キロカロリー近くもあるからね。でも、蜂蜜の甘さって砂糖の1.3倍〜1.7倍くらいあるってご存知?

甘さが強いからほんの少しの蜂蜜を果物にかければ、それで十分。

それに蜂蜜にはビタミンB1、B2、B6、ミネラルが含まれているんです。これらの栄養素って代謝を上げるために欠かせない酵素の働きを助けてくれるもの。

だから、今まで食べてたドーナツとかケーキの代わりに蜂蜜をほんの少しかけた果物を食べるのって、すごく理にかなってる。

こんな方法を取りいてから、海に行く時はタッパーにカットしたグレープフルーツ、キウイフルーツ、たまにメロンとかを持っていくようになりました。

すると、不思議ですね。それまで海から上がった直後はドーナツが食べたかったのが、慣れてくると果物を食べる方が美味しく感じるようになったんですから。

   

キウイ、バナナ、ヨーグルトのクラウドブレッド

最近は甘い物が食べたくなったら、クラウドブレッドなんかを作って食べてます。これ、美味しいので是非、試してみて下さいね♡

   

朝食にクラウドブレッドを食べる旦那くん

旦那くん、クラウドブレッドを朝食で食べることもあります。

⇨参考 旦那くん、クラウドブレッドを食べる

クラウドブレッドについてまとめてます。是非、参考にしてみて下さいね~!

まとめ

ダイエットの大敵、甘いもの。

理想は食べることをやめた方が良いんですけど、すぐに止めるというのも無理なもの。そんな時は無理をしない範囲で少しずつ、ゆっくりと控えるようにすると効果的ですよ。

そしてAmiが勉強したように、甘いものがどうしてダイエットに良くないのか、その理由をきちんと理解していただくと良いかも。

甘いものはカロリーが高いってことだけじゃなくて、中毒性がある。これが一番の問題。

Amiが実践したのは代わりに蜂蜜をほんの少しかけた果物を食べること。これなら代謝を上げることにも役立つから一石二鳥なんです。

あ、でもダイエットのためと言っても決して無理はしないで下さいね。

あまり無理をするとストレスが溜まってリバウンドの原因になっちゃうことだってあります。

実際、今でもAmiはドーナツとか、ケーキを家族で食べることだってあるんです。たまにですけどね。

キレイに健康的に痩せるには甘いものとどうやって付き合っていくか。これがポイント。皆んなで頑張ってキレイに痩せちゃいましょうね〜!

今度はケーキを食べる旦那くんと息子くん

今度はケーキを食べる旦那くんと息子くん。あ、Amiが責任持ってこの二人の食事を管理してるのでご心配なく。

2016/11/30 今日の旦那くん

旦那くん、11月中旬までに気の迷いから5キロもリバウンドしました。

11月1日には58.6だった体重が13日には62.8㎏に。この結果に本人は猛省してきちんと自己管理するって宣言をした次第。

で、今日は11月末。

果たして体重はどうなった?リバウンドしたからと言って無理なダイエットはさせてませんでした。

あくまでもダイエットは無理なく、健康的にがモットーなのでゆっくりと体重を戻そうねって旦那くんと話をしていたんです。

それが!今日、体重を測ってみると?!なんと、5㎏減!2週間で5㎏太って、そして2週間で5㎏減??激しすぎる・・・。

数字的には褒められた体重の変化じゃない。。。でも、旦那くん、この2週間は決して無理してたワケじゃないからまあ、いいか。

これって、今までのダイエットで旦那くんの体は痩せやすくなったってこと?!

   

2016/11/13の旦那くんの体重。62.8㎏!

2013/11/13の旦那くんの体重。62.8㎏!11月1日には57.8キロだったのが・・・

   

20161130の旦那くんの体重。57.8㎏

その約2週間後。今度は体重5㎏減。。。

-ダイエットおやつ, 甘いもの
-, , ,