ダイエット日記

1週間の入院で5㎏痩せたアタシ。けれどその後の自宅療養では・・・

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 617

たった1週間の入院で5㎏も痩せた!?こんなハンパなく効率の良いダイエットは他にあるまい。

ブログに載せたいところだけど入院ダイエットっていうキーワードをググっても全然検索件数はないみたい。

そりゃそうだ・・・。ダイエットをするために入院してお腹に穴開けてなんてサイコ的な話はドン引き以外ナニモノでもない。

あ、断っておきますけどアタシ、ダイエットのために入院してお腹に穴開けたわけじゃないからね。きちんと病気を治すためよ。

けれどあることをキッカケに芸風を変えてしまったアタシのダイエットパパダイアリーは単なるダイエット情報サイトであることをヤメた。

これからはダイエットに関することは何でも発信していくんだ。っていうか、ダイエットに関係のないこともしゃべっちゃうかも(-_-;)

ってなワケで入院ダイエットっていう記事を書いてもいいかと思った。

別に入院ダイエットなんていうキーワードをググる人なんかいなくてもいいや。自分の書きたいこと書いちゃえ、と。今までの顛末はこの記事を見てちょ。

→ 参考 入院は最強のダイエット方法だ。アタシってば一週間で5キロ痩せたよん

とにかく1週間の入院で5㎏も痩せたんだ。

その事実はダイエッターのアタシを有頂天にさせるには十分過ぎる。で、今日はその後のお話。要は入院ダイエットのオチの部分ね。

diet

自宅療養がツラ過ぎる

入院生活も7日目くらいになってくると本当に飽きてくる。何もやることがない。

たまに検査を受けて先生の問診を受けてって感じだ。

問診では白衣を着た人がいっぱいいる部屋に車イスで連れていかれた。部屋のまん中にはテーブルがあって、その上にはバナナやらトンカチ、ノート、そしてなぜかテレビのリモコンなんかが置いてある。

一人の先生がアタシに言う。Amiさん、好きな物を好きな順で掴んでみて。

その言葉に従って、アタシはまずトンカチと取った。その瞬間、白衣の先生達はおお~!という声を小さく上げる。アタシは先生達のリアクションを無視して今度はバナナを取って食べた。

そして残った皮でさっきのトンカチをくるんだんだ。その時、一人の先生が看護師さんにビデオを回すようにと指示をした。

・・・・。

って言うか、この辺にしておこう。嘘。ウソよん。一度こういうドン引き話をし出すとアタシってば止まらなくなる。

それくらいダイエットパパダイアリーのダイエット情報はガセネタが盛られてるってこと。それとこれがアタシの芸風ってこと。みんな注意してね。

で、本題に戻ろう。

同じ部屋に入院している人と比べるとアタシは至って健康なんじゃね?って思えてしまうほど元気だ。

それほど入院1週間経ったアタシは回復していた。だからハンパなく先生に元気ぶりをアピールしたし、実際、検査結果も日に日に良くなっていたしね。

でも退院してからは違った。

病院では入院患者としては元気なカテゴリーだったかもしれないけれど、やっぱりアタシは一週間前に手術をしたばかりの立派な病人だったんだ。

10分も歩けなかった。歩くとお腹が痛くなる。熱が出る。それに貧血も起こした。

リハビリと思って一人で散歩に出かけたら動けなくなってしばらくその場にしゃがみ込んでしまった。

マジか・・・。

一度、血迷ってビールを少し飲んでしまったらその後が大変だった。お腹抱えてのた打ち回ったの。爆笑してたんじゃないよ、念のため。激痛でのた打ち回ったんだ。

赤ら顔で救急車に乗って病院に行ったら急アル患者と間違えられる。

それに絶対、酒飲んでお腹の患部が痛くなったって言ったら先生に怒られるしね。で、その日は自分の馬鹿さぶりがバレるのが嫌で意地でも病院なんか行くまいと思ったわよ。

退院してから数日置きに通院して検査。少しずつではあるけれど状態は良くなってるみたい。けれど、まだまだ自分ではあまり動けない。

一週間単位で歩ける時間が10分から20分になって・・・って感じだった。

検査結果は良くなってるとは言いつつ、目に見えて体力が回復しない自分の体に苛立ちを覚えたんだ。結構、ツラかったな・・・。

diet

無理をしないで無理をしろ

とにかく、先生からは無理をしないで無理をしろと言われた。

スポンサーリンク

普通ならナニ言ってんの、この人?レベルのフレーズだ。けれども仮にもアタシはライターである。行間と行間に人のいわんとしていることを埋め込むのも仕事だし、それを読み取る技術も持っていないといけない。

先生の言いたいことはすぐに分かった。

大事を取るのなら無理をしない。無理をしなければ術後のカラダがこれ以上悪くなることは基本、ないもんね。でもその生活を続けていたのでは自分の行動範囲は現状のままだ。

だからちょっとずつ、そして少しずつジブンのカラダと相談しながら無理をしてキャパを上げていけってこと。

退院した当初、食べられるごはんの量は一般女子のそれと比べたら半分くらいだった。ってことは1日の摂取カロリーは1,500キロカロリーくらいか。←嘘。

食べるとお腹が痛くなる。これって手術したことでお腹の血流が大きく変わったせいらしい。

胃やら腸やらの血流が増えることが、今のアタシのカラダは耐えられないようだ。

だから、ごはんを食べる量は退院してからも全然増えなかった。これ、リハビリはキツいけれど、引き続き良いダイエットになってるんじゃね?ってアタシはひそかにこう期待していたのに・・・。

でも、現実は違ったみたいだ。

diet

体重が増える!なんで?!

ふと思い立って久しぶりに体重計に乗ってみた。体重計に乗ったのは退院初日以来、2週間ぶりだ。

って言うかこんだけごはん食べていないだもん、体重なんか減っていて当たり前。そんな当たり前のことを体重計に乗ってわざわざ確認する必要ないもんねってタカをくくってたの。

さあさあ、タニタくん。どんだけアタシを喜ばしてくれるかな??

そう思いながら体重計に乗ってみるとそこに表示された数字はアタシを奈落の底に突き落とした。退院した日に計った体重は間違いなく入院前と比べて5㎏も減っていたんだ。

それなのに今、アタシの目の前の数字はそこから3㎏も戻ってしまっている。

有り得ねぇ~。チ~ン。

ガセネタ満載とは言え、仮にもダイエット情報サイトを主宰しているアタシ。即座にその原因をアタマの中で考えた。

摂取カロリーは一般女子の半分と言っても確かに退院してからとにかく動いていない。10分20分も歩いたらカラダが悲鳴を上げる。ってことは運動の消費カロリーが少ないってことか?

いやいや、健康だろうが病人だろうが運動の消費カロリーなんて大したもんじゃない。

摂取カロリーと消費カロリーを冷静に比べてみても二週間で3㎏増という喜劇悲劇にはならないゾ。

そうだ、全部内臓に原因があるんだ・・・。

お腹を手術したことで内臓の機能が低下してるのよ、きっと。血流が変わって内臓の代謝も落ちた。そして胃腸の消化も悪くなった。

そう言えば最近、アタシってば便秘気味だ。普段、ダイエットパパダイアリーでダイエットには便秘解消が大事だとか云々言ってたクセに自分が便秘に陥るとは。

弘法も筆の誤りとはおこがましくてジブンで言えない。正しいレベル感で言うのなら丁稚も雑巾の誤りと言ったとこだ。

最近、腸内フローラダイエットが流行ってる。

今年腸内環境を整えるダイエットは糖質制限ダイエットに代わってブレイクするんじゃね?ってアタシは思ってるくらい。

腸内環境が悪いと消化吸収されなかった栄養分なんかは脂肪になって体に溜めこまれちゃうの。

ダイエットをいくら頑張っても痩せない人は腸内環境が悪いんじゃね?って最近よく言われてるよ。

アタシも手術したせいで腸の働きがハンパなく悪くなってる。2週間でこんだけ太ったってことは、このまま自宅療養をしていくとどんだけリバウンドしてしまうんだ??

そう思うと少しイタダケナイ気分になった・・・。

diet

入院ダイエット、やっぱり健康が一番って話

そう、やっぱり健康が一番なんだ。

入院して体重が落ちて、まんざら病気も悪くないわいなんて不謹慎なことを思ったアタシに天罰が落ちたんだ。

世の中、アタシ以上に重い病気に苦しんでる人なんかホントにたくさんいるのに。

しばらくダイエットのことは忘れよう。1日1日、歩ける距離を少しずつで良いから延ばしていこう。昨日はそこまでしか歩けなかったけれど、今日はここまで歩けるようになった。

それが今のアタシには一番大事なことだ。全てはそこから。

ダイエットパパダイアリーも新しくなったよ。今までのガセネタ盛り過ぎを反省したんだ。これからはアタシの人生、全てを新しくして楽しい毎日を送ろうと思う。

もし良かったら、たまにはこのサイトを訪れて下さいな。なるべくガセネタはかませないようにするからね。

アディオース

アディオ〜ス

-ダイエット日記
-